天草大王親子丼の素


天草大王親子丼

天草大王親子丼


天草大王親子丼の素について
お届け

品名 天草大王親子丼の素
内容量(1食分) 1袋/1食分
内容量(3食分) 3袋/3食分
内容量(5食分) 5袋/5食分
賞味期限 できる限りお早めに御賞味ください(加工日から1年間)
のし 貼り付け可能(備考欄に内容をご記入ください)
お届け方法 宅配便にて冷凍でお届けします。

天草大王の鶏がらスープで割った特製出汁がうまい!

天草大王地鶏のもも肉、むね肉を使用。
熊本の赤酒、九州醤油を使った割下と天草大王の鶏がらスープで割った特製出汁。
九州に来た!熊本天草の味だ!と思う甘めの味に仕上げました。ぜひ、ご自宅でお楽しみくださいませ。

天草大王親子丼の作り方

材料:親子丼の素1袋、玉子(L玉2個)、白いご飯

  1. 鍋に解凍した親子丼の素を袋から出して弱火で約2~3分煮て、鶏肉に火を通します。
  2. 溶き卵の2/3を加えて、弱火で1~2分煮ます。
  3. 残りの卵を加えて10秒~20秒煮ます。
  4. ご飯に盛って出来上がりです。


美味しいだけじゃない!科学的に見て取れる天草大王の魅力

栄養面及び機能性(分析機関:東海大学農学部 平成27年)単位:筋肉1g中に含まれるアミノ酸量

アンセリン

鳥類・魚類(マグロやカツオなどの高速回遊魚)にみられるアミノ酸の一種です。
「抗疲労効果」、ほかにも「活性酸素消去能」「血圧降下作用」「抗炎症作用」「尿酸値降下作用」が期待され、現在も研究が進められています。
天草大王はそのアンセリンが一般的なブロイラーと比較して約2倍近くも含まれています。

カルノシン

カルノシンもアンセリン同様、疲労回復効果によく名のあがるアミノ酸の一種です。
近年では「抗糖化作用」にも注目を集めています。

タウリン

タウリンはイカやタコ、貝類、甲殻類などに多く含まれるアミノ酸の一種です。
よくきかれる効果として「肝臓機能の回復」があります。また肝機能の機能回復により、「血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果」、「血圧降下作用(安定化)」「インスリンの分泌促進作用」「視力の衰えを防ぐ効果」が期待できます。

アラキドン酸(モモ肉)

アラキドン酸は、体内で合成できない必須脂肪酸の1つで、食べものから摂取する必要があるアミノ酸の一種です。
肉や卵、魚、母乳などに含まれております。子ども成長に欠かせないものでもあり、妊娠中の胎児の発育にも欠かせないものとなっています。